看護師離職原因

看護師の離職率が高い原因とは

貴方はいまの職場から離職する事を非常に怖く感じていたり、後ろめたい気持ちで毎日を過ごしていませんか?看護師の13%前後は年間で離職しています。看護師は今でも女性が非常に多い職場で、男性は1割前後にすぎません。

 

 

その為、結婚や出産などのライフイベントによって、離職を余儀なくされることも稀なケースではありません。また、看護師の業界では、多忙な勤務や形態、夜勤勤務時間の多さ、看護業務の責任の重さが問題になっています。

 

 

そういった悩みを抱えて緩和できる職場への転職を考えている方は少なくない事を知っておきましょう。悩んでいるのはあなただけではないのです。

 

ライフイベントによる離職

女性の多くは、結婚による嫁入りによって住む環境が変わる事によって、離職する方も多いです。また、妊娠によって、子育てを優先したい、家庭を大切にしたいなどを考えている方も多いでしょう。また、親の介護が必要になる時期もあるかもしれません。そういったライフイベントによって、私生活にあった職場を選択していくことは今の看護師は必要になります。

 

 

看護師の業務負担の緩和

看護師業務は非常に多忙ですし、人員も不足しています。そういった環境の中で、新人の看護師が育ちにくい中、責任の重い仕事もこなさなくてはならない現状は看護師業界の課題となっています。そういったことも離職要因になっていますし、業務内容や勤務形態を職場を変えることで緩和する事は悪い事ではありません。自身の働きやすい職場を目指して、好条件での転職も考えていきましょう。